「ショートボード?ロングボード?どっちがいいの?」

「たくさんブランドがありすぎて選べない!!」

 

サーフィンを始めてみたいけれど、どんなサーフボードを選べば良いのかお悩みの方は多いはず。

 

ブランドによって値段も違うし、何より自分にはどんなサーフボードが合っているのかわからなくて困ってしまいますよね。

 

ここではそんなあなたに、基本的なサーフボードの選び方についてお伝えしていきます。

 

サーフボードの基本的な種類について

 

A ショートボード

 

0128.001

 

ショートボードとは、一般的には5ft~6’4ftほどの長さのサーフボードのことを言います。素早いターンやアクションができるのが特徴ですが、浮力が少ないためビギナーの方はテイクオフを成功させるまでにそれなりの練習が必要な場合が多いです。

 

B ロングボード

 

0128.003

 

9ft以上の長さのサーフボードはロングボードと呼ばれています。ショートボードに比べて長さや幅も厚みもあるため、浮力が大きく安定したライディングができるのが特徴です。

 

波のサイズが小さくてパワーがないコンディションの時や、パドリング(腹這いになって漕ぐ)力が弱い女性にはオススメのサーフボードです。

C ファンボード

 

0128.002

 

ファンボードとは、ショートボードとロングボードの中間に当たる6’6ft~8ftほどの長さのサーフボードのことを指します。

 

短すぎず長すぎず、適度な浮力と取り回しのしやすいファンボードは、サーフィンの初心者の方に最もオススメのサーフボードです。

 

特にスポンジ素材のソフトボードは、安全かつ安定性も高いため、多くのサーフスクールやレッスンなどでも使用されており、AWSM SURFのサーフィン体験やレンタルでも、こちらの使用が可能です。

 

サーフボードのサイズ換算表

 

さて、サーフボードの基本的な分類が分かったとところで、もう少し詳しくサーフボードのサイズについてみていきましょう。

 

サーフショップに行って、実際にサーフボードを見てみると、何やら見慣れない表記が…。これらはサーフィン業界でよく用いられるft(フィート)やinch(インチ)での表示です。

 

日本ではcmの単位が一般的なので、換算すると、

1ft=12inch=30.48cm

1inch=2.54cm

となりますので、こちらも覚えておくとサーフボードのサイズのイメージがしやすいでしょう。

 

尚、サーフボードの長さ・幅・厚さの換算表はこちらをご参照ください。

 

サイズ換算表

サイズ換算表2

サイズ換算表3

 

お客様タイプ別おすすめサーフボードはコレ!

 

remi-bedora-313049

ここでは、お客様のサーフィンのレベルや経験に応じたオススメのサーフボードをお伝えしていきたいと思います。

 

<未経験の方>

 

c1efc754fc476f7e9328f7e08ad84979_s

サーフィン経験:

なし

スキル:

なし

選ぶポイント:

サーフィンをするなら、まずは立てるようになる(=テイクオフができる)ことが重要です。そのためには比較的長めで幅が広く、厚みがあるサーフボードを選ぶと、浮力がや安定性が高いのでオススメです。スープ(うねりが崩れた後の白い波の部分)で、狙った波に一人でほぼテイクオフができるようになるまではこちらで経験を積むのが良いでしょう。

<オススメのサーフボード>

ファンボード(6’6ft~8ft)

ロングボード(9ft〜)

 

 

<初心者の方>

 

surfing-1210040_1920

 

サーフィン経験:

数回程度

スキル:

たまにテイクオフができる〜沖に出てたまに波をキャッチして横に滑ることができる

選ぶポイント:

まずはテイクオフの成功率を高め、たくさんの波に乗れるように、やはり浮力が大きめのサーフボードを選ぶことをおすすめします。ショートボードやファンボード、ロングボードなど、チャレンジしてみたいサーフボードを選んだら、その中でも比較的長めで幅が広く、厚みがあるものを選ぶと、テイクオフの成功率が高まり、上達もグンと早くなるでしょう。

実際にサーフショプに足を運び、様々な種類のサーフボードを手にとって比べてみると、同じサーフボードでも様々な違いがあることがわかります。自分のスキルや目指したいスタイルに合わせて、間違いのないサーフボードを選ぶためにも、信頼できるサーフショップで相談してみることをおすすめします。

<オススメのサーフボード>

ショートボード(5’10ft~6’4ft)

ファンボード(6’6ft~8ft)

ロングボード(9ft〜)

 

 

<中級者の方>

 

surfing-1208255_1920

サーフィン経験:

数十回以上

スキル:

頭サイズの波にも狙い通りのテイクオフができ、ボトムターンやカットバック、リップアクションなどもできる

選ぶポイント:

ほぼ思い通りのアクションができるようになった中級者の方には、自分の体重に対する適正サイズのサーフボードや、目指したいスタイルに合わせたシェイプのモデルを選ぶと、さらにサーフィンの幅が広がります。アクションを追求したい方にはハイパフォーマンス仕様の薄くて軽い、動かしやすいサーフボード、リラックスして波をクルーズしたい方にはボリュームがあり、厚めのレールでロッカーの少ないサーフボードを選ぶと良いでしょう。

<オススメのサーフボード>

ショートボード(5ft~)

ファンボード(6’6ft~)

ロングボード(9ft〜)

 

 

<上級者の方>

 

surfing-2686393_1920

サーフィン経験:

数えきれないくらい

スキル:

頭オーバーの波やチューブの波でも自在にサーフボードを操ることができ、狙ったアクションは全てできる

選ぶポイント:

このレベルまでくると、自分の適正サイズから大きく外れていないモデルなら、もはやどんなサーフボードでも乗りこなせるはず。いつもより短めのサイズやカスタムオーダーを活用して、ご自分のサーフィンをどんどん追求しちゃってください!

上記の種類のサーフボードの他にも、ツインフィンやボンザー、ミッドレングスなど、オルタナティブ系のサーフボードもバリエーションとして数本持っておくと、旅先でのサーフィンもより一層楽しめそうですね。

<オススメのサーフボード>

カスタムオーダーで自分だけの一本を!

 

 

取り扱いサーフボードブランドのご紹介

 

さてここまでサーフボードのサイズや選び方について、ご紹介してきました。

ここからはAWSM SURFがオススメする一押しのブランドをお伝えします!

 

Al Merrick(アルメリック)

 

言わずと知れたカリフォルニア発、サーフボードの超王道ブランド。過去11回のワールドチャンピオンに輝いたケリー・スレーターをはじめ、デーン・レイノルズカノア五十嵐などを世界トップサーファーをチームライダーに抱え、常に最先端のサーフボードを追求している老舗のサーフブランド。

代表モデル:

ネックベアード

0128b.001

 

ニューフライヤー

0128b.002

OGフライヤー

0128b.003

 

JS industries(ジェイエス)

 

オーストラリア・ゴールドコースト発の人気ブランド。2012年度ワールドチャンピオンのジョエル・パーキンソンとシェイパーのジェイソン・スティブンソンのタッグによりプロデュースされるローカルにも大人気のサーフボードブランド。

 

代表モデル:

BLACKBOXII

0128c.001

 

MONSTABOX

0128c.002

 

 

AWSM SURFオリジナル

 

シドニー出身でシェイプ歴40年の超ベテラン、Mick Rocheが一本一本手作業で産み出すサーフボードは、クオリティはもちろんコストパフォーマンスにも優れたブランドです。ショートボードからファンボード、ロングボードに至るまで、他の追随を許さず妥協のない職人技が光ります。

 

0128d.001

 

 

サーフボードの適正サイズの目安

 

ここでは、少し詳しく自分に合ったサーフボードの適正サイズについて見ていきましょう。

 

そもそも”適正サイズ”とは、何でしょうか?

 

それはズバリ、

 

”自分のサーフィンのスキルを最大限に活かせるサーフボードのサイズ”

 

ということです。

 

つまり、自分に合った浮力(リッター数)のサーフボードを見つけることが、非常に重要です。

 

ちなみにここで言うリッター数とは、よくサーフボードに記載されているこんな数値ですね。

 

5’11 ・20・2 9/16

32.8L

 

これはそれぞれ、

 

5’11(長さ) → 5フィート11インチ → 180.34cm

20(幅) → 20インチ → 50.8cm

2 9/16(厚み) → 2 9/16インチ → 6.5cm

32.8L(浮力)

 

というイメージですね!

 

特にこの中でも、初心者の方には”浮力”の数値が非常に重要になってきます。

 

 

それではその目安の見つけ方について、上記に記載したお客様タイプ別に見ていきましょう。

 

<未経験・初心者の方の目安>

自分の体重×0.6以上

(例)体重65kgの方の場合 65×o.6=39

 

<中級者の方の目安>

自分の体重×0.4前後

(例)体重65kgの方の場合 65×o.4=26

 

<上級者の方の目安>

自分の体重×0.35前後

(例)体重65kgの方の場合 65×o.35=22.75

 

もちろんこれらは目安なので、ご自身のスポーツ経験や通っているサーフポイント、サーフィンをする頻度などによっても変わってきますが、およそ自分にはどれくらいの浮力のあるサーフボードが適正なのか、知っておくと便利でしょう。

 

信頼できるサーフショップに相談するのがベスト

 

IMG_4458 2

FullSizeRender 8

FullSizeRender 9

 

ここまでで色々とお伝えしてきましたが、サーフボードの選び方について何となくイメージが湧いてきたでしょうか?ただし、ここでひとつ注意をお伝えしておきます。

 

最近はインターネットなどでも手軽にサーフボードが購入できるようになりましたが、AWSM SURFでは特に初心者の方がインターネットでサーフボードを購入することをお勧めしません。

 

なぜかと言うと、上記のような情報や予算だけで自分に向いていそうなサーフボードを選んでしまうと、うまく乗れずに失敗してしまうケースが多いからです。

 

サーフボードは、とてもデリケートな道具です。

 

使用する人の体重やスキルはもちろん、サーフィンをする場所やコンディションによって、同じサーフボードでもうまく乗れるものとそうでないものが出てきます。

 

まずは自分がどの海に入ることが多いのか、そしてそのポイントはどんな波の特徴があるのか、それらを詳しく把握している地元のサーフショップに足を運んでみるのが一番間違いがありません。

 

その上で、自分に一番合うサーフボードを選び、サーフィンライフを満喫して欲しいと、私たちは考えています。

 

 

お問い合わせはお気軽に!

 

DSC_0730 (1)

 

AWSM SURFは365日、毎日10:30-20:00まで営業中!

常時日本人スタッフが日本語で対応致しますので、安心してご相談ください。

 

波情報やおすすめのレストランや観光スポットなどリペアの仕方など、何でお気軽にどうぞ!

アクセスマップ